管理職という職種について考える

管理職という職種について考える

管理職という職種について

管理職という職種はまあ、何かと面倒ですね。もちろん、なりたい人もたくさんいることでしょう。これから管理職を目指す人、そして、今管理職だけれども、自分をステップアップしたい人におすすめしたのが、資格取得ですね。私が思うところ、仕事ができる人が必ずしも管理職に向いているわけではないと思います。しかし、仕事ができる人の中から管理職を選ぶのが通例です。最もわかりやすいところで言えば、営業職です。あまり営業成績の高くない人が突然マネージャーや、所長、課長に昇進する例は珍しいと思われます。まず、管理職は部下からの指示がなければやりにくいところがあります。従来十分な業績をあげているのであれば、自然とその人を尊敬できます。そう考えると、仕事ができる人が上司になるのは納得できます。もっと言えば、年上を敬うという考えで行けば、年功序列制度も深く考えずに選べるメリットはあります。

しかし、実際は仕事ができても管理職に向いておらず、役職がついたおかげでメンタルヘルス不調に陥る人も少なくありません。管理職とは、部下や仕事を管理する職種であり、作業レベルが高い人ではないことがわかります。わかりやすい例を出せば、名選手が名監督になれるかどうかは、別問題ということです。私が思うところ、管理職とは、会社の目標を遂行するために部下に指示を出して、期限内に業務を遂行することです。ただ、部下が上司を信用していないと、なかなか自分が思うように動かない場合があります。信用を得るための一つの方法が資格取得です。誰も持っていないような難しい資格を取得しておけば、かなり効果があります。他にも学歴もあるでしょう。まあ、今更学歴を上げるのは難しいので、資格を取得するのはおすすめです。

昔は課員に酒を飲ませておけば課内が上手くいったものですが、近年は飲み会の誘いを簡単に断られ、飲み会をやっても部下に気を配る上司も少なくないようです。ただ、いつの時代でも上司とは尊敬できる存在でありたいものですね。そのためにも、日々勉強といったところです。^^

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2018管理職という職種について考える.All rights reserved.