管理職という職種について考える

管理職という職種について考える

IT、システム開発という職種の管理職は

IT、主にシステム開発という職種では、管理職の仕事の幅はけっこう広いです。企業によっては営業も兼ねることがあります。私の前職がそうでした。営業して仕事を取ってきて、利益を出すようにスケジュールを組み、部下をまとめて成功させる…それが管理職の仕事でした。ただのエンジニアとして働いている時は、お金のことなどほとんど気にすることはありません。与えられた仕事をこなすだけ。決められた納期までに確実に作り上げるのが仕事です。管理職になると、それだけではいけません。部下が残業すればコストがかさみ、赤字になってしまいます。顧客と契約した金額は全部使えるわけではなく、黒字を出さなければならないのです。

たまに、まったく開発のことがわからない畑違いの管理職が異動してくることがありますが、これはあまりよくありません。開発のことがわからないと顧客の無茶な要求に気付くことができません。部下に理解させることも、部下の言っていることも理解できなくなり、上手い関係が築けません。結果的にプロジェクトが失敗しても部下の責任にはならず、管理職が責任を負うことになります。部下が思うとおりに動かなかったからといって、あいつのせいで、とは言えません。部下を動かすのが管理職のお仕事であり、その技術に対して給料が払われているのですから。システム開発は概ね楽な仕事ではなく、むしろきつい仕事です。そういう時に大切なのは信頼関係ですから、部下との関係は大切にしましょう。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2018管理職という職種について考える.All rights reserved.