管理職という職種について考える

管理職という職種について考える

希望職種として管理職を選ぶ

年功序列といいますと、年数によって人事を管理するというものです。年数にはいくつかあります。まずは個人の年齢というものです。さらには勤務年数ということになります。大卒で入社した場合10年といいますと32歳ぐらいになります。一方28で中途入社の場合は32歳のときはまだ4年ということになります。年齢で評価をするか、勤務年数で評価するかということになります。このあたりは、会社によって取り決めを行っているところだと思います。

職能制度を採用しているところでは、一定の職能を経験すると、次の職能に上がることができるということがあります。こちらに関しては、自動的ということもあれば、試験や実績を考慮するということがあります。試験を受ける場合においては、最低年数が定められていて、最速の人は最低年数でどんどんクリアしていきます。一方その流れに乗らなくても、一定期間勤めると自動的に上がっていくということもあります。それによって人事は行われます。

希望職種として管理職という場合、通常は試験によって上がっていくことになります。会社としても、若くて力のある人がそういった役職についてくれることを願うことになります。平均年齢などもあげることができますし、抜擢をしているというイメージもつきやすくなります。より良いイメージで、経営をすることができることになります。社員としても、それを意識したいところです。そういう仕組みが、透明なところがやりやすいことになります。

Copyright (C)2018管理職という職種について考える.All rights reserved.